【2018年卒内定者インタビュー】住宅はそこに住む人の人生の舞台

業界研究 - , ,

【ハウスメーカー業界内定】柳瀬 明日香さん(摂南大学大学)

就活相談

なぜその業界・会社を選んだのですか?

「住宅はそこに住む人の人生の舞台」
私が中学生の頃、祖父は大工をしていました。祖父の建てた住宅のオープンハウスを見に行った時、夢に満ちあふれた幸せそうなご夫婦の表情を見て、建築関係の職に将来就きたいと子供ながらに思ったことを覚えています。高校から工業高校に進学し、大学でも建築系の学科に進学しました。大学で設計演習など様々なことを学ぶにつれて、住宅の奥深さや難しさを知り、もっとこの道を極めたいと思うようになりました。住宅はそこに住む人の人生の舞台になります。”お客様を第一に考えている”人想いの会社に入りたいと考え、今の内定先に入社をしようと決めました。また、その内定先の選考を通して、自分のしたいことや想いがどんどん具体化されていると感じ、自分の成長につながる環境があると思えたことも決意を後押ししてくれました。
 

就職活動で考えていたことはなんですか?

「自分が譲れない就活の軸」
自分の就職活動に対する軸をしっかりと決めて、その軸がぶれないように会社探しをしました。「私は自分が成長できるかどうか」「良い人がいる良い会社か」「仕事内容」の3つを軸として持っていました。軸をしっかりと持つだけで面接の時にも活かせましたし、将来の自分の働く姿が明確になりました。なんとなくで就職活動が進んでしまわないためにも自分の働く姿が想像できるかどうかも会社選びでとても重要だと考えていました。周りの友人の内定がどんどん出てくると焦る気持ちは大きくなりましたが、自分の納得できる就職活動をするために日々会社探しを続けて行っていました。その結果、”自分にはこの会社しかない!”と思える会社と出会えたため、妥協せずに就職活動を行ってよかったと思いました。
 

内定先で実現したいことはなんですか?

「お客様にとっても会社にとっても何でも屋さん」
難しいことにどんどん挑戦して、成長していきたいです。
将来、自分の事務所を持つための通過点として、現状に満足せずに上を目指していきたいです。”お客様信頼度No.1”の社員になり、営業や施工管理、設計、コーディネーターなど、何でもできる社員になります!また、お客様に私と一緒に家づくりをできて良かったと思って頂けるように、お客様以上にお客様の幸せを考えていきたいです。私だから頼めること、私にだから話せる相談、お客様に信頼していただけた私だからできる提案をしていきたいです。”人を大切にする”会社だからこそ、お客様との関係性をずっと大切にし、さらに今会社に足りていないことは何なのか、お客様の安心や幸せに繋がるにはどうしたら良いのかを追求し続けます。
 

残りの学生生活でしたいこと

「卒業制作とまちづくり」
卒業制作は学生生活最後の建築設計になるので、とことん時間を費やしてやりきりたいです。学内の卒業設計展でやりきることはもちろんですが、学外の卒業設計展にも挑戦し、多くの方に私の作品を見ていただいて、講評をしてもらいたいです。あとは色んな場に足を運んでもみたいです。ワークショップやプロジェクトなど、学生だからできる活動に参加し、多くの人と関わって、建築の面白さや人と関わることの大切さを感じられると良いですね。私は兵庫県の丹波市に大学のプロジェクトで関わらせていただいています。そのプロジェクトはまちを元気にすることや活性化することを目的とした活動ですが、まちやまちの人と関わらせていただくと私が元気をもらえる素敵なまちでもあります。そんな素敵なまちに私が今なにができるかをしっかりと考えて、関わり続けたいと思います。
 

就活生にアドバイスを

「諦めなくて良かったと思える瞬間」
満足のいく就職活動をしてください。私は就職活動中、何度も挫折しそうになりました。どこか内定を頂けた会社に入れたらいいかなと思ったときもありました。しかし、”それではだめだ”と自分の本当にいきたいと思える会社に出会えるまで、何社もの説明会に足を運びました。スケジュール管理も大変ですし、体力的にも疲れていました。でも本当に行きたい会社に出会えたとき、いくつもの会社のお話を聞いてきて、諦めなくて良かったと思えます。本当にいきたい会社に一社でも出会えれば本当に幸せなことだと思います。その一社に出会えるように踏ん張って、がむしゃらに頑張ってください。しんどくなることもたくさんあると思いますが、入りたいと心から思える会社をとことん探して、”誰よりも充実した就職活動を行えた”と言えるようにやりきってほしいです。
就活相談