学生内定者レポ

【建築業界内定者インタビュー】既存の建築を大切にしたい【2018年卒】

【不動産管理業界内定】 小平 めぐみさん(芝浦工業大学)

就職活動相談

なぜその業界・会社を選んだのですか?

「既存の建築を大切にしたい」
新築よりも今ある既存の建築を大切にし、今後の日本に必要な「建築ストックの活用」を進めていきたいという想いから不動産管理業界を選びました。また、早くから成長し、自分の力を試せる環境に身を置きたいという想いがあり、新規事業を若手に任せ、変化を良しとする文化のある企業を選びました。また、新卒の段階では建築に関わる仕事がしたいと思っているけれど、これから先はその他の分野にも興味が湧くかもしれません。内定先の会社は幅広い事業展開があり、様々な仕事に挑戦できる可能性があるように感じました。また、その企業は1対1の面談形式で真剣に向き合う機会を何度も設けてくれたので、互いの理解を深めると同時に、企業の雰囲気が自分に合っていると感じたからです。
 

就職活動で考えていたことはなんですか?

「自分にとって重要な軸とは」
就職活動では、”何を自分の軸にするか”がとても大事だと思います。私はその軸がなかなか見つからずにずっと迷いながら就職活動をしていました。それなので、最初はゼネコンしか考えていなかったし、その後はハウスメーカー、建材メーカー、と転々としていました。そんな中で、「これからどんな人生を歩みたいのか」「どんな人間になりたいのか」ということをずっと考えていました。そして辿り着いた答えは、「今ある建築を大切にする仕事がしたいということ」「時代の変化に対応できる能力を持ち、求められる人材であること」「自分の人生を豊かにする知識を得られること」の3つが自分にとっての重要な軸であることに気がつきました。就職活動の間は常に自問自答していたように思います。今後の人生を大きく左右する決断だからこそ慎重になってしまいましたが、就職活動で真剣に自分と向き合って答えを出せたのでよかったと思います。
 

内定先で実現したいことはなんですか?

「新しいアイデアを形にできる社会人でありたい」
内定先では既存の建築を活用していきたいという大きな想いを実現するために、建築物の補修方法や一連の流れを基礎からしっかり学びたいと思います。また、居住者の方々に満足して頂けるような仕事をして、安心して補修などを任せてもらえるように丁寧な対応を心がけたいです。内定先では新規事業のコンペがあるので、積極的に提案をして権利を獲得し、事業の立ち上げから運営までを経験したいと思っています。これからは補修や定期的な点検が必要になる建築が増えていきます。そんな時代に求められる技術者でありたいし、新しいアイデアを形にできるパワフルさを持った社会人でありたいです。また、今まで様々な資格を取得してきたように、社会人になっても建築士などの資格に挑戦して将来の可能性を広げていきたいと思います。

 

残りの学生生活でしたいこと

「建築を学んできた集大成」
まずは納得のいく卒論を提出することだと思います。私の研究はテーマとしての引き継ぎはありますが、内容は全く新しいものであるため、試行錯誤を繰り返しながら未知なるものを探る必要があります。これには恐らく時間も労力もかかるものと思われます。今まで建築を学んできた6年間の集大成を形にしたいです。また、社会人になると長期の休みを取るのが難しいと思うので、学生のうちに海外旅行に行く予定です。建築を学んでいるうちに海外の街並みや有名な建築に実際に訪れたいと感じるようになりました。百聞は一見にしかずというように、その場所に足を運んで、現地の人々や生活、文化を感じることが大切だと思います。そういった旅行をするためにアルバイトにも力を入れたいです。働き始めると簡単に職を変えることはできません。学生の間にいろんな職業を体験してみることは今後の人生をより豊かにしてくれるのではないかと思います。勉学、旅行、アルバイトとどれも精一杯取り組んで、後悔のない最後の学生生活を過ごしたいです。

 

就職活動生にアドバイスを

「新卒というチャンス」
就職活動生にまず伝えたいのは、”なるべく早く”就職活動をスタートして、後悔のないよう全力で取り組んでほしいということです。なぜならここで出遅れてしまったり、本気になれなかったりした人は、新卒というチャンスを無駄にし、人生の時間をロスすることになるからです。転職は安易にできるものではないし、職を変えた時点でまた一からのスタートになります。そのようなことにならないよう、「就職活動の本を開いてみる」「先輩の話を聞いてみる」「実際に足を運んでみる」などして、何か行動を起こしてみてください。新しい自分を発見できたり、社会人から刺激を受けることができたり、就職活動を通じて得られるものは大きいです。また、なるべく自然体の自分を出すことも大切で、取り繕うことなくありのままの自分でいることで会社との相性が明確になり、結果的に自分に合う企業に出会えるのではないかと思います。

就職活動相談

関連記事

  1. 【建築業界内定者インタビュー】住む人と深く関わり、手助けをしたい…
  2. 【建築業界内定者インタビュー】「あなたはどういう人になりたいです…
  3. 【建築系就職活動インタビュー】逆求人フェスティバル #2 吉川 …
  4. 【建築業界内定者インタビュー】お客様の思い描く住まいを実現し、ず…
  5. 【建築系就職活動インタビュー】逆求人フェスティバル #1 小川 …
  6. 【建築業界内定者インタビュー】移住就職という選択肢【2017年卒…
  7. 【建築業界内定者インタビュー】決め手は説明会での「ワクワク感」【…
  8. 【建築業界内定者インタビュー】大きなスケールで人々の暮らし・住ま…

就職活動虎の巻

PAGE TOP