建築業界研究

建築就職活動講座【面接】

【保存版】建築系キャリア支援団体が教える「面接対策」

こんにちは!建築系キャリア支援団体のたかせです!
沖縄が大好きで、いつか島移住をしたいと考えている考えている今日この頃です笑

さて、グループディスカッションを通過すると、いよいよ面接!
就職活動において、一番緊張感の高まるところですよね。「不安すぎて面接がいやです!」なんて声も聞きます。
今回は、面接で大事なポイントをお伝えします!

そもそも面接ってどういう流れで行われるのか?

面接って色々な種類があることをご存じですか?

「リクルーター面談」=一社員が一緒に働きたいと思う学生と判断
「人事面接」=役員に自信もっておすすめできる学生と判断
「役員面接」=嘘偽りなくうちの会社に来そうか。
「社長面接」←内定という最終ジャッジをするのはココになります!
※一部、役員面接が最終ジャッジという会社もあります。

こんなにステップあるのかと思ってしまいますよね。
さっそく下記に面接のポイントをお伝えします!

面接でのポイント3つ

POINT1:「エントリーシートとのギャップのなさ」
POINT2:「企業理解をしているか?」
POINT3:「マナー・常識」

1つ1つ細かく見ていきましょう!

POINT1:「エントリーシートとのギャップのなさ」

第一に、人事は学生の「本心」を知りたいのです。
エントリーシートに書いてあることが、就職活動本やホームページに書いてあることを綺麗な言葉でそのまま書いていると、「この子は本当に思っているのかな?本心は何?」と疑問が浮かびます。それゆえに、「質問攻めにあって、答えられない!」という事態を招き、選考に落ちてしまう・・・という結果になることも。
会社を訪問して、社員の方と話をして、「自分自身」が肌で感じたことを伝えましょう!

学生の声『面接で1つのことについて掘り下げられた時に、答えられませんでした。』(デベロッパー志望/Aさん)

POINT2:「企業理解をしているか?」

人事は、エントリーシートを大量に読んで、面接で大量の学生と会います。その際に、「志望動機は何ですか?」という質問を投げかけると、同じような解答が多いそうです。
裏を返せば、ここで「差別化できる」ということです!
就職活動中の皆さん!誰よりも第一志望の会社のこと理解している!と胸を張って言えますか?
志望している会社が、ホームページだけではなく、新聞に載っていないか探したり、OB・OG訪問を何度もしたり、社員の方を紹介してもらったり、質問・疑問を人事にぶつけたり…企業を知るための手段って、たくさんありますよね?
恋愛でも、好きな人がいたら、その人のことを知りたいなと思うことと同じです!
企業への愛情を持ってくださいね!

学生の声『リクルーター面談で、企業理解ができていないという指摘を受けました。』(ゼネコン志望/Bさん)

POINT3:「マナー・常識」

就職活動では、当たり前のことをきちんとできているか?という視点も重要です。
例えば、遅刻。相手との約束の時間を守れない人は、信用を失います。例えそれがどんなに短い時間でも、社会人になると許されません。就職活動中はスケジュールの調整が大変ではありますが、前もって約束の時間に着くように行動しましょう。
また、言葉遣いや身だしなみ、笑顔も大切な要素です。

学生の声『面接中に携帯が鳴ってしまいました。顔面蒼白しました…。』(ハウスメーカー志望/Cさん)

書いた人

建築系キャリア支援団体 高瀬 妃沙恵
食べることが大好き!いつももぐもぐしています!会社一食いしん坊です。
食べることはわたしの元気の源!

建築系キャリア支援団体では、建築・まちづくりに関わる学生の就職活動を支援しています。
建築系キャリア支援団体への相談はこちらから

関連記事

  1. 3分でわかる!建築就職活動講座【自己分析】
  2. 【保存版】まずはここから!建築系就職活動の基礎
  3. 【5分で分かる】建築就活完全ガイド vol.2 自己分析編 (2…
  4. 建築就職活動講座【自己PR】
  5. 建築・まちづくりの就活・キャリア掲示板
  6. 2017年卒の就職活動を振り返って
  7. 【5分で分かる建築就活ガイド】vol.4 自己PR編
  8. 【10分でわかる】建築就活まるわかりガイド(21卒向け)

就職活動虎の巻

PAGE TOP