学生内定者レポ

【建築業界内定者インタビュー】「この会社で、この雰囲気で、この人たちと」【2017年卒】

【リノベーション業界内定】勝又 愛華さん(兵庫県立大学)

就職活動相談

なぜその業界・会社を選んだのですか?

「面接をするたびに共感できた」
業界もある程度は絞ってはいましたが、業界で選んだというよりは人で選びました。この会社で、この雰囲気で、この人たちと一緒に自分が働いていることを想像するとワクワクしてしまう、そう感じる会社が内定先でした。
何度も面接を繰り返す中で多くの質問をしましたが、その答えに凄く共感できました。「私もこんな社会人になりたい。」と思えたことが大きな理由だと考えています。
また、建築設計というと裏方の仕事が多いですが、接客業が大好きだった私はお客様と多く触れ合える設計職を求めており、そのような仕事スタイルも魅力に感じました。

 

就職活動で考えていたことはなんですか?

「環境という基準」
会社の規模や業界、福利厚生などの会社を選ぶための基準は多く持っていましたが、一番は「素直に働きたいと思える会社かどうか」です。たとえやりたいと考えている仕事内容と多少違っても、その環境でやっていけると思えるか、という基準でよく考えていました。やりたいことは時によって大きく変わっていきますが、会社の社風は真逆になるようなことはありません。
面接時など、会社に訪れた際に自分が肌で感じた雰囲気を大事にしていました。

 

内定先で実現したいことはなんですか?

「先の先を見据えること」
内定先がベンチャー企業なので、早いスピード感の中で最先端の事業に関わっていきたいです。どんどん新しい分野に挑戦していく企業なので、その流れよりも更に先を見据えるためにも、建築の勉強はもちろんですが、情報系など最先端の技術の勉強もしていきたいです。優秀な先輩に追いつけ追い越せの気持ちで多くのことを学び、将来的には新店舗を任せてもらえるような立場にいたいと考えています。

 

残りの学生生活でしたいこと

「まとまった時間」
いまは卒業制作に全力を注ぎたいです。
就職すれば、ひとつのことだけにこれだけの時間をかけてすることはないと思います。学生生活の締めくくりを満足のいくものに仕上げるために、提出までしっかりと頑張りたいです。また、残りの学生生活での一番の楽しみは、卒業制作が終わったあとの卒業旅行です。まとまった時間がある今しかやれないことを、思い残しのないように楽しみたいです。

 

就職活動生にアドバイスを

「挨拶の徹底」
私が就職活動で最も気をつけていたことは挨拶です。
笑顔で挨拶ができる人に悪い印象を持つ人はいないはずです。あとは就職活動を楽しむ気持ちが大切だと思います。就職活動は企業の方に直接質問できたり、それぞれの社風の魅力を感じたりすることができる、またとないチャンスです。私も就職活動を通して、考え方の視野が広くなりました。
自分は何を基準に企業を選ぶのか、その基準と謙虚な姿勢があれば絶対に大丈夫です。応援しています!頑張ってください。

就職活動相談

関連記事

  1. 【建築業界内定者インタビュー】決め手は説明会での「ワクワク感」【…
  2. 【建築業界内定者インタビュー】「あなたはどういう人になりたいです…
  3. 【建築業界内定者インタビュー】多くの職業の中から選んだ構造設計士…
  4. 【建築業界内定者インタビュー】地元の宮崎をまちづくりから支えたい…
  5. 【建築業界内定者インタビュー】新興国に対し、日系企業の高い技術を…
  6. 【建築業界内定者インタビュー】奥行きがある街の企画を考えていきた…
  7. 【建築業界内定者インタビュー】住宅はそこに住む人の人生の舞台【2…
  8. 【建築業界内定者インタビュー】目で見て、耳で聞いて、肌で感じたこ…

就職活動虎の巻

PAGE TOP