武庫川女子大学 建築学科・建築学専攻主催/共催 東京センター講演会シリーズ「シルクロードの文化と建築」

開催日:2017-02-04

講演内容

講演イメージ

【第5回 シルクロードのキリスト教文化】
シルクロードの核となる地域の遺跡が世界遺産に多数登録され、世界の関心を惹くいま、いち早くその価値を認め、持続してシルクロード文化の結晶を保全してきた日本人として、その歴史の密度を改めて振り返るときではないでしょうか。シルクロードは、何千年にもわたって人々が生きてきた舞台です。そこに住む人々は、多様な自然環境に適応し、豊かで、素晴らしい文化を生み出してきました。本講演会シリーズでは、シルクロードを通して行われてきた、わが国と地中海を結ぶはるかにダイナミックで長い異文化交流の歴史とその文化遺産保護活動について考えます。

こんな方におすすめ

・歴史的町並みの文化に触れたい方
・シルクロードの建造物に興味がある方
・自然環境と建築とのかかわりを学びたい方

登壇者

【講師】
篠野 志郎氏(東京工業大学 名誉教授)
杉本 智俊氏(慶応義塾大学 文学部 教授)

【主旨説明・進行】
岡崎 甚幸氏(武庫川女子大学建築学科長 教授/京大名誉教授)

開催情報
開催日 2017/2/4(土) 13:00-
会場 日本工業倶楽部会館 2階 大会堂(東京都千代田区丸の内1の4の6)
参加費 入場無料(定員200名,事前申し込み)
タイムテーブル
詳細HP http://www.mukogawa-u.ac.jp/~arch/event/lecture/lecture170204.html