建築界からの提言 東京構想POST2020 より安全で楽しい東京へ

開催日:2016-11-22

講演内容

講演イメージ

【20世紀から渡されたバトン-都市空間再編戦略の課題】
2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開かれます。
昭和39(1964)年を節目として、それ以降の東京がそれまでとは明らかに異なる成長を遂げたように、2020年も、次の時代に向けて都市空間が新たに転換していく契機となります。近年は、国全体の人口が減少に転ずる一方で、東京圏に流入する人口は増えており、気候変動や自然災害への備えと、国内外の人びとが楽しめるまちづくりが東京には求められています。 私たち東京の建築家・建築士は、この時代背景の中で、私たちの建築活動が2020年以後の都市に何を残せるのだろうか、すなわち「何がレガシーとなり得るだろうか」という問題意識を持っています。日々行われている個別の建築主との応答に加えて、専門家として皆で同じ方向を向いて、よりよい東京をつくり、育てていきたいと思っています。
私たちは提言書『東京構想POST2020』で、2020年以後に向けた都市構想の骨子と、その実現に向けた仕組みを提案し、よりよい東京に向けて、東京の建築家・建築士に課せられた公益的職能者としての役割を果たすためのスタートをきるため、本シンポジウムを開催致します。

こんな方におすすめ

・東京の都市空間の変遷に興味がある学生
・2020年に向けた東京の都市形成の課題を学びたい学生

登壇者

【パネリスト】
相坂 研介氏
加藤 峯男氏
亀井 尚志氏
黒木 正郎氏
中島 直人氏
連 健夫氏
脇 宗一郎氏

開催情報
開催日 2016/11/22(火)19:00-21:00(開場 18:30)
会場 建築家会館本館1階大ホール(東京都渋谷区神宮前2-3-16)
参加費 資料代1,000円(税込)
タイムテーブル
詳細HP http://www.jia-kanto.org/members/event/event_m/lecture/legacy_event_20161122.html