第86回すまいろんシンポジウム

開催日:2016-11-09

講演内容

講演イメージ

【住まいのセーフティネット】

2016-17年は、「住生活基本法」(2006年)と「住宅セーフティネット法」(2007年)の施行から10年の節目にあたります。新たな住生活基本計画が始まり、居住支援協議会の設立が進められています。本号では、こうした動きをふまえつつ、「住まい方の支援」という視点から、住まいのセーフティネットについて考えます。
住宅は商品であるとの前提のもと、住宅政策は住宅市場の整備や産業の振興を重視してきました。しかし、住宅は単なる商品ではありません。時間をかけて居住者の生活に根づいていくので、その喪失が与えるダメージは計り知れません。
そこで本号は、住まい方を支援する多様なサービスについて、その受け手であり担い手である「人」、そして、住まいを成り立たせる場としての「コミュニティ」に焦点をあわせて議論を深めたいと思います。
シンポジウムでは、実践のなかから支援のニーズをとらえ、現場に即した方法を構築してこられた方々に報告・討議いただき、論考では分野を横断しながら課題と現状を提示していただきたいと考えています。この企画が、住まいの「割り切れなさ」のなかにひそむ創発や革新の種を見つけ出す手がかりになれば幸いです。

こんな方におすすめ

・居住支援など、居住生活の支援に興味がある方
・住宅政策など住宅の役割を学びたい学生

登壇者

【趣旨説明】
祐成 保志氏(東京大学大学院 准教授)

【講師】
佐久間 裕章氏(自立支援センターふるさとの会)
平野 覚治氏(老人給食協力会ふきのとう)
阪井 ひとみ氏(阪井土地開発株式会社/おかやま入居支援センター)

開催情報
開催日 2016/11/9(水)14:00-17:00
会場 アーツ千代田3331 B104教室(東京都千代田区外神田6-11-14)
参加費 無料
タイムテーブル
詳細HP http://www.jusoken.or.jp/symposium/sumaisympo.html