第2回 think++ human & technology 「火星の暮らしから、ぼくらの日常を考える。」

開催日:2017-11-28

講演内容

講演イメージ

【火星の暮らしから、ぼくらの日常を考える。】
極地とよばれる場所にも、人の営みは確かに存在しています。2030年頃には、最初の人類の代表が火星の地を踏む、そんな現実がやって来ます。「命を預かる」そんな建築の原点が、生身の人間の存在を拒否する場所で試されるのです。
これまでぼくは「地球の三極」とよばれる、南極、北極、エベレストから、地球にある火星まで、極地の暮らしをめぐり、踏査してきました。剥き出しの極地で人間が普段着の営みを続けていくためには、ていねいでしなやかで、ときにしたたかな、暮らしの所作が必要です。ぼくが越冬隊員として暮らした南極の昭和基地では、冒険家のような生き延びるためというよりも、生きている喜びを実感する日常がありました。極地は、ぼくらが日常を生きる為のヒントに溢れています。
そんな極限の環境のもとで浮彫りとなる『人と住まいの係わりかた』の本質を、ご紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

・極地建築家に興味がある
・極地での人と住まいの関わり方について知りたい

登壇者

【講師】
村上 祐資氏(極地建築家)

開催情報
開催日 2017年11月28日(火)16:00開場 16:30開演 18:50終了
会場 国立新美術館 3階講堂 (東京都港区六本木7-22-2)
参加費 無料(予約必須)
タイムテーブル
詳細HP https://www.nihonsekkei.co.jp/news/detail_7227/