平成29年度 URひと・まち・くらしシンポジウム UR技術・研究報告会【大阪】

開催日:2017-10-18

講演内容

講演イメージ

【まちの魅力の引き出しかた- 団地が仕掛けるまちの魅力アップ -】

「ランドスケープから捉えた地歴を踏まえた魅力ある風景づくり- 大阪、堺を事例に -」
自然と人間との関係から生み出されるランドスケープの基本的認識に立脚し、大阪や堺の個性ある風景がどのような歴史と自然環境との係わり合いによって形成されてきたのか、ご講演頂きます。

「団地からまちへ、まちから団地へ」
団地の変化が、まちの変化になる?―
時代の要請に対応し役割を変化させてきた団地。団地の魅力を発信する書籍の編集者や様々な表現活動をされている方々の幅広い視点から、団地とまちとの関係性や、団地がもつ可能性や魅力についてお話し頂きます。

こんな方におすすめ

・団地の未来を知りたい
・団地と町の関係性に興味がある

登壇者

【講演者】
増田 昇氏(公立大学法人大阪府立大学 名誉教授 / 農学博士)
【コーディネーター】
竹内 厚氏(編集者 OURS.KARIGURASHI MAGAZINE/書籍『#カリグラシ』編集)
【パネリスト】
岸本 千佳氏(株式会社アッドスパイス 代表取締役)
アサダワタル氏(文化活動家 / アーティスト / 大阪市立大学都市研究プラザ 博士研究員)
千葉 敬介氏(東京R不動産 /『団地のはなし』編集)

開催情報
開催日 2017年10月18日(水)13:00~18:20(開場12:30)
会場 阪急うめだホール(大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急百貨店うめだ本店9階)
参加費 無料(予約必須)
タイムテーブル
詳細HP http://www.ur-net.go.jp/rd/houkokukai/