第77回 音シンポジウム「puセンサを用いた音響計測の現状と可能性」

開催日:2017-02-02

講演内容

講演イメージ

【puセンサを用いた音響計測の現状と可能性】
音圧-粒子速度センサ(puセンサ)を用いた材料の吸音率計測等に関して、多くの検討が行われている。さらに、puセンサの適用範囲はこれらの計測に留まらないはずであり、非常に有効な計測結果が得られるセンサと考えられる。一方で、本センサは、音響技術者にとっても手軽に扱える計測器でないことも実情であろう。その理由として、センサの取り扱いや校正の難しさ、計測結果が確からしいかどうかの判断がつきにくい点等が挙げられる。さらに、使用機会が少ないために、漠然と「敷居が高い」と思われている点も否定できない。そこで、本小委員会では校正方法や puセンサを用いた室内の音響エネルギー密度計測を検討している。本シンポジウムにおいて、本小委の成果報告に加え、puセンサによる計測の経験がある研究者に、puセンサを使用した際の経験談(苦労話や失敗談も)にふれながら、研究成果や実測事例を講演していただき、本センサを用いた計測上の留意点やさらなる可能性について討議する。

こんな方におすすめ

・音響技術に関心がある方
・建築士の資格取得を考えている方

登壇者

杉江 聡氏(小林理学研究所/小委主査)
平光 厚雄氏(国土技術政策総合研究所/小委幹事)
大鶴 徹氏(大分大学)
廣澤 邦一氏(日本音響エンジニアリング)
竹林 健一氏(鹿島建設)
會田 祐氏(長谷工コーポレーション/東京大学 新領域)
岩瀬 昭雄氏(新潟大学)
小泉 穂高氏(戸田建設)

開催情報
開催日 2017/2/2(木) 13:00-17:00
会場 建築学会3階会議室(東京都港区芝 5-26-20)
参加費 会員:2,000円/会員外:3,000円/学生:1,000円(資料代含む,当日会場でお支払いください)
タイムテーブル
詳細HP http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2016/170202.pdf