第22回 地下空間シンポジウム「安全・安心な社会の形成に向けて~地下空間の維持更新と機能向上~」

開催日:2017-01-20

講演内容

講演イメージ

【安全・安心な社会の形成に向けて~地下空間の維持更新と機能向上~】
「地下空間研究委員会」では、健全で豊かなゆとりのある地下空間を現実のものとするために、土木工学のみならず、都市計画、建築、法律、医学、心理学、福祉、さらには芸術、経済学の分野までをも包含・総合化した地下空間学の確立を目指した研究活動を続けており、年間活動の集約の場として毎年シンポジウムを開催しています。
このシンポジウムでは、『地下空間利用』という観点から、これに関する計画、建設、防災、維持管理、環境、心理、空間デザイン、普及など、幅広い問題にわたり意見・情報交換を行い、建設的で充実した議論を行いたいと考えております。今回は、「安全・安心な社会の形成に向けて~地下空間の維持更新と機能向上~」をテーマとして取り上げております。地下空間を活用した各種施設も新設から維持更新の時代に移り変わってまいりました。また、それとともに建設当時と社会経済状況も大きく異なり,新たなニーズに対応した施設の機能向上が求められています。都市機能を支える地下空間の維持更新と機能向上をどのように進めていくべきか,皆様とともに考えていきたいと思っております。
 会員・非会員を問わず、多数の方々のご参加をお待ちしております。

こんな方におすすめ

・地下空間に興味がある方
・地下鉄に関心がある方

登壇者

【講師】
木村 定雄氏(維持管理小委員会 委員長/金沢工業大学)
廣瀬 隆正氏(国土交通省 大臣官房技術審議官/都市局担当)

【パネリスト】
渡邊 浩司氏(国土交通省 街路交通施設課長)
山田 淳氏(名古屋市 住宅都市局都市活性監)
白根 哲也氏(一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会)
山村 明義氏(東京地下鉄株式会社 専務取締役 鉄道本部長)

【コーディネータ】
大沢 昌玄氏(日本大学理工学部土木工学科 教授)

開催情報
開催日 2017/1/20(金) 9:20-17:00(開場 9:00)
会場 早稲田大学国際会議場(新宿区西早稲田1-20-14)
参加費 【参加費】会員:8,000円/非会員:9,000円/学生会員:3,000円(申込締切:2017/1/10(月))
タイムテーブル 【午前の部】
9:20-12:10 3階会議室(論文発表)
【午後の部】
13:00-17:00 1階井深大記念ホール(講演会)
【ポスターセッション】
9:00-11:30 3階 ロビー
12:30-15:00 1階 ロビー
詳細HP http://www.jsce-ousr.org/node/1195