建築就活イベント

【イベントレポート】千葉のハウスメーカーによる千葉の建築学生に向けた就職活動セミナー(11/20開催)

【イベントレポート】千葉のハウスメーカーによる千葉の建築学生に向けた就職活動セミナー(11/20開催)

就職活動相談
2019年卒学生向けの大学企画第八弾は、「千葉の建築学生」
千葉県に拠点をおくハウスメーカー企業様にご協力頂き、千葉県にキャンパスがある【千葉工業大学】【日本大学生産工学部】の学生を対象とした就職活動セミナーを開催いたしました。
また、ハウスメーカー内定者の4年生にもこの会に参加してもらい、就職活動生に最も近い立場からの意見ももらえるようにプログラムを組んでいきました。
 
【参加企業】
広島建設(ハウスメーカー)
 
【プログラム】
・求人倍率からみる自己分析の必要性
・自己分析ワーク「自分の大切な3つの要素」
・座談会
 

求人倍率からみる自己分析の必要性

就職活動相談
リクルートワークス研究所が2017年4月に発表した2018年卒の大卒求人倍率は1.78倍となっています。求人倍率とは、“求職者(仕事を探している人)1人あたりに何件の求人があるかを示すもの”で、求人倍率が「1.0」より高ければ、「仕事を探している人」の数よりも「企業が求める人数」の方が多いということです。
この前提を踏まえた上で、建設業の求人倍率を見てみましょう。
なんとその数字は「9.4」
業界的には売り手市場と言え、1人に対して9件以上の求人がある状態です。
また、企業規模ごとの求人倍率は下の図のようになっています。
 
企業規模が大きくなるほど、求人倍率は低くなる傾向がありますね!
それぞれの数字を捉えた上で、就職活動におけるポイントを整理すると・・・
 
(1)大手(従業員:5000人~)
大手(有名)ということもあり、求人倍率が0.39と就職活動における競争を勝ち抜かなければ、内定を得ることはできない。エントリーシートや面接など、初期段階から明確な差別化を図らなければ、選考に残ることは難しい。自分のことを徹底して掘り下げ、“核”となる部分を見つけ、なおかつ企業に対してどのような価値を与えることができるか訴求することが必要となる。
求人倍率を知らず、自己分析も中途半端な状態で選考に進んでしまったら、高い倍率ではじかれてしまう恐れがある。
 
(2)中小(従業員:〜300)
求人倍率が6.45と高いため、比較的容易に選考は進みやすい傾向がある。また企業側も採用数を一定数確保しなければならないため、自己分析は曖昧だったとしてもスキルを上手く伝えれば、内定を得られることがある。しかしながら、景気が下降した時にその企業で踏ん張れるかどうかということは自分にマッチしている企業・意欲的に選んだ企業かどうかという点に帰着する。
そのためには事業内容と自分自身の志向をしっかりとすり合わせておく必要がある。
 
(3)中堅・準大手(300~4999)
求人倍率は約1倍という数字だが、自分の強みを明確にしなければ、他の就職活動生との差別化を出せずに埋もれてしまう可能性がある。自分の経験をもとに意図したことをしっかりと伝えられるよう、整理しておく必要性がある。
 
【Point】
・“求人倍率”という数字を知ってみよう!
・選考が簡単に進んでも常に振り返りを実施!
・入社後のためにも企業規模に関わらず、自己分析を徹底しよう!

 

自己分析ワーク「自分の大切な3つの要素」

就職活動相談
自己分析ワークでは、企業選びにおける条件が書かれた何十枚ものカードを、重要か重要でないかを一枚ずつ振り分けていきます。これを最終的に三枚になるまで振り分け、“自分にとって企業選びの軸は何か?”ということを絞り込んでいきます。
直感的ではありますが、言語化されたものを比較することで、自分が就職活動において譲れないものは何か?ということに気づくことができます。
 
ちなみに自己分析をする時は、「4つのP」を意識することもポイントです!

1.Profession(活動内容)→何をするか
2.Privilege(特権・待遇)→どんな利があるか
3.People(雰囲気)→誰と一緒にいたいか
4.Philosophy(理念)→何を大切にするか

 
【Point】
・就職活動における条件をリストアップしていくこと
・リストアップした条件をもとに企業比較をしてみること

 

座談会

就職活動相談
広島建設の方だけでなく、2018年卒のハウスメーカー内定者も参加した座談会。
少人数の座談会であったこともあり、建築学生各自、気になることを聞くことができたようです。また、1つの質問に対して、他の学生が違う視点からさらに深堀することで気づきを得ていたことが印象的でした。就職活動を個人で黙々と進めるのではなく、多様な背景をもった人と同じ空間ですることで、自分の見えていなかった部分も浮き彫りとなります。
企業の方と近い距離で話せる機会を最大限生かしてもらえたなら何よりです。
 
【参加してくれた千葉工大・日大の建築学生のコメント】
『“有名”というだけで企業選びはしない方が良いと思った。』
『自己分析の手のつけ方がわからなかったが、カードを振り分けるやり方はわかりやすかった。』
『企業の方と近い距離で話せて良かった。就職活動が本格化する前にもっと多くの社会人の方と話したい。』
就職活動相談【建築系キャリア支援団体】
⚫︎建築系キャリア支援団体では、今後も大学・エリアのニーズに応えた企画を開催してまいります。
大学企画・就職活動の相談はこちらまで
⚫︎11月からは建築・土木に関わる多くの業界・企業の人事と面談できる逆求人フェスティバルというイベントを開催いたします。

関連記事

  1. 【2019年卒向け】建築系就職活動相談会
  2. 【富山大生必見!】建築系業界就活講座 <20名限定!> 〜建築・…
  3. 【福井大生必見!】建築・土木系業界就活講座 <20名限定!> 〜…
  4. 【2018年2月12日(火)開催】建築系逆求人<大阪会場>
  5. 【2020年卒向け】建築系・施工系逆求人イベント
  6. 【2019年卒向け】建築系オータム・ウィンターインターン応募ペー…
  7. 【イベントレポート】新潟大学限定!建築・土木系学生向け就職活動セ…
  8. 【2018年2月19日(火)開催】建築系逆求人<東京会場>

就職活動虎の巻

PAGE TOP