2016年度 北陸建築文化賞

締め切り日:2017年1月31日

課題概要

講演イメージ

テーマ:北陸・信越地方の建築文化の発展に顕著な貢献が認められる業績または建築作品

1990年に第1回の表彰を行って以来、第27回目となる2016年度北陸建築文化賞を次のとおり公募します。北陸地域の建築文化に対する貢献を優先評価すべく、審査基準を明確にしました。会員非会員を問わず誰でも応募できます。住宅等の小規模なものも応募しやすくなっていますので、積極的に応募されますようお願いします。
【募集対象】
・業績部門
北陸支部圏内において実施された建築分野にかかわる重要な業績(街づくり・保存運動・経済・文化・教育・技術・生活などの領域を含む)で、個人又は団体の 2016 年3月31日までの多年にわたる活動により成果が認められた業績とする。
・作品部門
北陸支部圏内で建設され、2010年4月1日より 2015年10月31日までに完成または竣工した建築作品(住宅設計・修景設計・都市デザイン等を含む。以下作品という。)で、規模の大小・用途・工事種別(新築、増改築、模様替等)は問わないものとする。

応募資格・条件

・応募者は自薦・他薦を問わず、個人、団体、企業、地方自治体等を含む広い分野を対象とし、必ずしも本会会員であることを要しない。
・応募者は業績・作品に関わった人・組織等に北陸建築文化賞に応募することの承諾を得ていなければならない。
・特に、作品に応募する場合は、現地審査への対応と受賞した場合に作品の概要が公表されることについて建築主(施主)の承諾を得ていること。

締め切り

【応募期間】2017/1/10(火)~2017/1/31(火)
【審査結果】2017年3月末

審査員

日本建築学会北陸支部の建築活動審査部会
(2016年度:西村 伸也氏、鈴木 晋氏、篠島 弘男氏、中森 勉氏、矢尾 憲一氏、梅干野 成央氏)

賞金など

【表彰点数】
業績と作品を併せて4点以内とする。

【賞について】
賞は、表彰状と賞牌とし表彰1件につき各1とする。なお、賞状には業績名又は作品名及び関係者を記載し、賞牌には業績名又は作品名を刻印する。

その他

・所定の応募申込書は、北陸支部のホームページからダウンロードして使用する。
・応募資料、デジタルデータの作成費及び表彰式・発表会への参加等に要する費用は応募者の自己負担とする。

コンペ情報
主催 日本建築学会北陸支部
協賛・後援等
お問合せ 日本建築学会北陸支部
【住所】〒920-0863 金沢市玉川町15-1 パークサイドビル3階
【TEL】076-220-5566
【FAX】076-220-3344
詳細HP http://news-sv.aij.or.jp/hokuriku/m3bunkashou.htm