第11回アルテ・ラグーナ(ARTE LAGUNA)国際美術賞展の公示

締め切り日:2016年12月14日

課題概要

講演イメージ

テーマ:7つの中から選択

イタリア文化協会MoCaはストュディオ・アルテ・ラグーナ・(Studio Arte Lagunaと共に現代美術の促進と向上のために「第10回 国際アルテ・ラグーナ賞展」を開催します。
当賞は、イタリア大統領から勲章を受け、イタリア外務省・ヴェネト州・ヴェネツィア カ・フォスカリ大学(Università Cà Foscari di Venezia)・IUAV(ヴェネツィア大学)・IED (ヨーロッパデザイン研究所)、などから後援を受けています。
当コンクールは、6つの受賞作品それぞれに現金7,000ユーロの賞金の授与、ヴェネツィアのアルセナーレで開催される主要な合同展示会への参加、4つの国際アートギャラリーでの展示会参加、2つの企業とのコラボレーション、7つのアート・レジデンス、3つの国際フェスティバルへの参加、およびカタログ出版が提供されます。当賞のテーマは自由で、次の7つの部門に分かれています:絵画、彫刻、インスタレーション、写真、ビデオ・パフォーマンスアート、ヴァーチャル・デジタルアート、環境・ランドアート

応募資格・条件

・年齢、性別、国籍や資格の制限なく、ご自由に参加していただけます
・各アーティストは、1つ以上の作品で、なお複数の部門に参加することができます

締め切り

【応募期間】~2016/12/14(水)

審査員

【審査委員長】
イゴル ザンティ氏(イタリア キュレーターおよび美術評論家)

【審査委員】
フラーヴィオ アレンセィ氏(イタリア 美術評論家)
マヌエル ボルジャヴィレル氏(スペイン マドリッドのソフィア王妃芸術センターのディレクター)
タマラ チャラビ氏(イラク Ruya Foundationの会長および共同創設者)
パオロ コロンボ氏(イタリア イスタンブール近代美術館のアートコンサルタント)
スワード ガラエワ氏(アゼルバイジャン 美術展および現代美術スペース-YARAT-永久コレクションのチーフキュレーター)
イラリア ジャンニ氏(イタリア キュレーターおよび美術評論家)
ナヴ ハク氏(ベルギー MHKA-アントウェルペン現代美術館のシニアキュレーター)
エマヌエーレ モンティベレル氏(イタリア Arte Sellaの芸術監督)
ファトス ウステク氏(イギリス インディペンデントキュレーターおよび作家)
アルマ ゼヴィ氏(イタリア キュレーターおよび作家)

賞金など

絵画賞:7,000ユーロ
彫刻およびインスタレーション賞:7,000ユーロ
写真賞:7,000ユーロ
ビデオ・パフォーマンスアート賞:7,000ユーロ
ヴァーチャル・デジタルアート賞:7,000ユーロ
環境・ランドアート賞:7,000ユーロ

その他

コンペ情報
主催
協賛・後援等
お問合せ 【住所】Via Roma, 29/A Mogliano V.to (TV) Italy
【Mail】info@artelagunaprize.com
【TEL】+39 041 5937242 - int. 4
【CELL】+39 347 7077251
【FAX】+39 041 8627948
詳細HP http://www.artelagunaprize.com/