都市のパブリックスペースデザインコンペ

締め切り日:2016年12月5日

課題概要

講演イメージ

テーマ:パブリックスペースのデザイン

「パブリックスペース」という言葉に、わたしたちは何をイメージするでしょうか。
1日に何百万人もが入り乱れる鉄道駅、朝市や朝ヨガでにぎわう緑豊かな公園、涼しげな昼下がりの路上カフェ、リビングにもオフィスにもなる図書館、子どもやお年寄りの声がこだまする路地裏、大切に扱われるシェアカーやシェアサイクル、その場に別世界をつくり出すスマホ・SNSなど、わたしたちの身の周りには、公/私、官/民の区分もあいまいな、心地よい空間が生まれています。
わたしたちはまさに今、新しいアクティビティやライフスタイル・ワークスタイルが生まれる潮目、日本の都市が本当の意味での成熟都市となる潮目にいるのではないでしょうか。
成長を超え、成熟に向かう「これからの都市」において、わたしたちはどのような場を「パブリックスペース」ととらえ、その場をどのようにデザインするのか。また、そこでのアクティビティはどのようなもので、それらを生み出し営むための仕組みをどのようにデザインするのか。
これからの都市に生き、つくり、使いこなす主役である皆さんの鋭い着眼と柔軟な発想で、実在する任意の場所を想定して、これからの都市のパブリックスペースをデザインしてください。

応募資格・条件

・2017年3月31日時点で学生であること
・複数人で応募する場合は全員該当のこと
・大学院、大学、短期大学、高等専門学校、高等学校、専修学校(各種学校)など

締め切り

【作品提出期限】~2016/12/5(月)
【一次審査結果発表】2017年1月上旬
【公開二次審査】2016/3/12(日)

審査員

【審査委員長】
岸井 隆幸氏(日本大学理工学部土木工学科教授)

【審査委員】
西沢 立衛氏(横浜国立大学大学院Y-GSA教授/SANAA/西沢立衛建築設計事務所代表)
宮城 俊作氏(奈良女子大学大学院教授/設計組織PLACEMEDIAパートナー)
吉見 俊哉氏(東京大学大学院情報学環教授)
亀井 忠夫氏(日建設計 代表取締役社長)

賞金など

最優秀賞(1点):賞金100万円
優秀賞(3点):賞金50万円
佳作(6点):賞金10万円

その他

・応募作品は未発表のものに限ります。
・応募作品は返却いたしません。
・応募後の、応募者による登録内容の変更は受け付けません。内容に変更があった場合は、改めて登録番号を取得してください。
・同一作品の他設計競技との二重応募は失格となります。
・本コンペ応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、入賞作品の発表に関する権利は主催者が保有します。
・入賞後に著作権侵害やその他の疑義が発覚した場合は、すべて応募者の責任となります。また、そのような場合は主催者の判断により入賞を取り消すことがあります。

コンペ情報
主催 株式会社日建設計
協賛・後援等 【後援】株式会社新建築社
お問合せ 【提出先】株式会社新建築社「都市のパブリックスペースデザインコンペ」係(必ず明記のこと)
【住所】〒107-0062 東京都港区南青山2-19-14
【TEL】03-6455-5596(代表)
詳細HP http://www.japan-architect.co.jp/public/jp.html