景観開花2016

締め切り日:2016年10月14日

課題概要

講演イメージ

テーマ:相互作用

まちにある土木施設は単体では成立しておらず、周囲の土木施設と連携して機能を果たす。ひとつの土木施設についても、ハードのあり方はソフトのあり方に関わるし、ソフトが変わればハードもそれに合わせてかたちを変える。さらに、その土木施設の設計者と利用者も、互いの考えに影響を及ぼし合う。このように、さまざまなスケールで見出される「相互作用」に着目し、理想の「まち」を実現する土木施設を提案せよ。

応募資格・条件

・2016年4月1日現在、大学・大学院・短期大学・高等専門学校・専門学校・高等学校に籍をおく学生、もしくは経験年数5年以下の社会人
・グループでの応募も可
・仙台で行われる公開最終審査会に参加できること

締め切り

【参加登録期間】2016/7/29(金)~2016/10/14(金)
【一次審査提出物締切】2016/10/31(月)
【一次審査会】2016/11/9(水)
【最終審査提出物締切】2016/12/5(月)
【最終審査会】2016/12/17(土)

審査員

【審査委員長】
篠原 修氏(東京大学名誉教授/土木設計家)

【審査委員】
五十嵐 太郎氏(東北大学大学院教授/建築評論家)
木下 斉氏(まちビジネス投資家/事業家/一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事) 
西村 浩氏(建築家/デザイナー/クリエイティブディレクター/株式会社ワークヴィジョンズ代表取締役)
長谷川 浩己氏(ランドスケープ・アーキテクトオンサイト計画事務所代表取締役パートナー)

賞金など

最優秀賞:20万円(1点)
優秀賞:10万円(1点)
佳作:4万円(数点)
特別賞:2万円(数点)
参加賞:審査委員からのコメント(全作品)

その他

コンペ情報
主催 東北大学工学部建築 社会環境工学科 平野研究室
景観開花 実行委員会
公益社団法人土木学会 景観・デザイン委員会
協賛・後援等 【共催】公益社団法人土木学会 東北支部
お問合せ 【住所】〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 東北大学災害科学国際研究所S304 災害復興実践学分野 平野研究室(この住所は作品の提出先とは異なります)
【TEL】022-752-2102
【Mail】info(at)keikankaika.jp
詳細HP http://2016.keikankaika.jp/entry/