第10回長谷工 住まいのデザインコンペティション 日本の集合住宅

締め切り日:2016年10月20日

課題概要

講演イメージ

テーマ:日本の集合住宅

ICTの活用、ライフスタイルの多様化、コミュニティの新しいかたち、日本版CCRCへの取り組みなど、日本の都市や周辺環境には、これまでになかったさまざまな可能性や課題が現れています。これまでの集合住宅の価値はユニット(専有部)の資産として捉えられてきました。しかし、生活に即した身近な関係を構築し、持続可能なまちづくりに貢献するなど、新たな資産価値として見出すことができれば、集合住宅もこれまでのスクラップ&ビルドから脱却し、公共の資産・社会の資産として、使い、育て、活性化させることができるのです。それが未来にわたってまちに関わることを可能にします。日本の課題や可能性をふまえて考えることは、日本だけの問題ではなく、世界の新たな課題に応える提案となります。敷地は1960~1970年代に開発されたニュータウンの中の3,000㎡。近くには駅やコミュニティ施設があります。これまでにない価値を持ち、周囲にも変化を与えるような、将来へ向けた新しい日本の集合住宅の提案を期待します。

応募資格・条件

・2016年12月31日時点で学生であること
・複数人で応募する場合は全員該当のこと
・大学院大学,短期大学,高等専門学校,高等学校,専修学校(各種学校)など

締め切り

【作品提出締切】2016/10/20(木)必着
【審査結果】2016/12/4(日)

審査員

【委員長】
隈 研吾氏(隈研吾建築都市設計事務所代表・東京大学教授)

【委員】
乾 久美子氏(乾久美子建築設計事務所代表・横浜国立大学大学院Y-GSA教授)
藤本 壮介氏(藤本壮介建築設計事務所代表)
池上 一夫氏(長谷工コーポレーション 取締役常務執行役員)

【特別委員】
大栗 育夫氏(長谷工コーポレーション 代表取締役会長)

賞金など

最優秀賞:100万円(1点)
優秀賞:各50万円(3点)
佳作:各10万円(10点)
《創業80周年記念》審査委員特別賞:各20万円(5点)

その他

・応募作品は未発表のものに限ります。
・応募作品は返却いたしません。
・入賞後の、応募者による登録内容の変更は受け付けません。内容に変更があった場合は,改めて登録番号を取得してください。
・同一作品の他設計競技との二重応募は失格となります。
・当コンペティション応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、入賞作品および選外佳作作品の発表に関する権利は主催者が保有します。
・入賞後に著作権侵害やその他の疑義が発覚した場合は、すべて応募者の責任となります。また、そのような場合は主催者の判断により入賞を取り消すことがあります。

コンペ情報
主催 長谷工コーポレーション
協賛・後援等 【後援】株式会社 新建築社
お問合せ 【Mail】Jinji@haseko.co.jp
詳細HP http://www.japan-architect.co.jp/haseko/2016/index.html