大地の芸術祭2018 展覧会「2018年の方丈記私記」作品公募

締め切り日:2017年12月25日

課題概要

講演イメージ

テーマ:2018年の方丈記私記

2018年7月末~9 月中旬に開催される「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」(第7回展)では、メイン施設である越後妻有里山現代美術館[キナーレ]にて、展覧会「2018年の<方丈記私記>」を開催します。本展は、「キナーレ」から今秋開館予定の「越後妻有文化ホール」を範囲とした十日町市中心市街地エリアにおける回遊性の強化をはかり、市街地の賑わいを創出するために展開する中心市街地作品群の「発想の起点」となる展覧会です。
大地の芸術祭2018における本展覧会に特定した作品を追加募集いたします。ふるってご応募ください。

応募資格・条件

・不問

締め切り

【作品提出期間】
2017年12月20日(水)~12月25日(月)17:00必着 ※持ち込み不可

審査員

【審査員】
原 広司氏(建築家)
西沢 立衛氏(建築家)
北川 フラム氏(大地の芸術祭 総合ディレクター)

賞金など

30-40点程度

その他

コンペ情報
主催 大地の芸術祭実行委員会
協賛・後援等
お問合せ 〒948-0079
新潟県十日町市旭町251番地17十日町市総合観光案内所内
大地の芸術祭 実行委員会事務局 「2018年の方丈記私記」係
【FAX】025-757-2285 
【Mail】info@echigo-tsumari.jp
詳細HP http://www.echigo-tsumari.jp/news/2017/10/news_20171003_011