第24回 空間デザイン・コンペティション

締め切り日:2017年10月6日

課題概要

講演イメージ

テーマ:かわいいガラスブロック

近代以降、ガラスブロックは様々な局面で使われ、モダニズムが新しい空間を形成することに貢献してきた。例えば、オットー・ワグナーによるウィーン郵便貯金局では地下に光をもたらす床面に、ピエール・シャローによるガラスの家では大胆に壁に用いて光のスクリーンを出現させた。一般的にガラスブロックは、省エネルギー、快適性、安全性、メンテナンスフリーなどの機能性にすぐれている。が、一方でガラスブロックは、四角い単位を組み合わせた厚い壁のイメージも定着し、その使い方があまりアップデートされていない。また冷たくて硬いと感じる人もいるかもしれない。そこで21世紀に入り、真壁智治らが注目し、シンポジウムや書籍を通じて、建築界でもよく語られるようになったキーワードのひとつである「かわいい」という形容詞と接続させることによって、なにが出てくるのかわからない、ガラスブロックの刷新をはかろうとするのが、今回の課題である。
「かわいい」と「ガラスブロック」。語感は良いのだけれど、意外な言葉が出会うことで、いったん旧来のガラスブロックをリセットし、デザインの想像力を飛翔できるのではないか。おそらく、形態や色彩といったプロダクトのレベル、組み合わせ方や建築において使う箇所、あるいは建築の用途など、いろいろなバリエーションが考えうるだろう。もっと人々に愛される「かわいいガラスブロック」の建築を提示してほしい。

応募資格・条件

・不問

締め切り

【作品提出締切】2017/10/6(金)

審査員

【審査員】
古谷 誠章氏(建築家・早稲田大学教授)
中村 竜治氏(建築家・中村竜治建築設計事務所 主宰)
大西 麻貴氏(建築家・一級建築士事務所 大西麻貴+百田有希 /o+h 協同主宰)
大浴 成一氏(日本電気硝子株式会社 執行役員 コンシューマーガラス事業本部 本部長)
五十嵐 太郎氏(建築批評家・東北大学教授)

賞金など

最優秀賞(1点):100万円
優秀賞(1点):30万円
入選(8点):各5万円

その他

コンペ情報
主催 日本電気硝子株式会社
協賛・後援等 【共催】電気硝子建材株式会社
【協賛】株式会社 新建築社
お問合せ 空間デザイン・コンペティション事務局
【Mail】info-sd-compe@kenchiku.co.jp
【TEL】03-5244-9335
詳細HP http://kenchiku.co.jp/neg2017/