セントラル硝子国際建築設計競技

締め切り日:2017年8月24日

課題概要

講演イメージ

広場のリ・デザイン

人が集い、市が開かれるなど、市民の日常的なコミュニティの場になっている「広場」。これまで、この「広場」にはさまざまな言葉が使われてきた。
社会状況は変化していて、貧富の差の拡大、移民、人種差別、マイノリティの問題など人びとの間に横たわる見えないバリアから、都市化した環境における物質的な目に見えるバリアまで、さまざまなバリアが広がっている。このような状況の中で、都市形成の中心的な役割を果たしている「広場」は、このままでよいのだろうか。多くの人が集う都市の余白を、あらためて、人びとのための「広場」として考える時期にきているのではないか。「広場」には、アクティビティを誘発するだけでなく、場所そのものが都市に魅力をもたらすような力があるはずだ。社会の動向を考慮しつつ、人を主役とした「広場」を「リ・デザイン」してほしい。

応募資格・条件

本コンペに応募するためには、事前に当ウェブサイトの登録フォームから登録を行ってください(2017年より)

締め切り

【1次審査結果発表 】
2017年9月中旬
【2次審査 】
公開2次審査は、2017年11月11日(土)に東京国際フォーラムで行います。

審査員

【審査委員長】
内藤 廣氏(内藤廣建築設計事務所)
【審査委員】
亀井 忠夫氏(日建設計)
小林 照雄氏(株式会社大林組)
隈 研吾氏(隈研吾建築都市設計事務所)
青木 淳氏(青木淳建築計画事務所)
塚本 由晴氏(アトリエ・ワン)

賞金など

最優秀賞 (1点):200万円(税込)及び記念品
優秀賞( 2点):各30万円(税込)及び記念品
入選( 4点):各10万円(税込)及び記念品
佳作( 10点):各5万円(税込)

その他

・応募作品は未発表のものに限ります。
・同一作品の他設計競技との二重応募はご遠慮ください。
・事前に登録フォームから登録を行ってください。(2017年より)
・応募要項に関する質問は受け付けません。規定外の問題は応募者の自由決定を可とします。
・1次審査通過者には2次審査に参加するための交通費を支給します。国内からの参加者には各組代表者1名分の実費を、海外からの参加者には一律一組10万円を代表者に、2次審査終了後にお支払いします。
・本設計競技応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、応募作品の掲載など発表に関わる権利は主催者が保有します。
・応募作品の一部あるいは全部が、他者の著作権を侵害するものであってはなりません。また、雑誌や書籍、ウェブサイトなどの著作物から複写した画像を使用しないこと。著作権侵害のおそれがある場合は主催者の判断により入賞を取り消すことがあります。
・応募作品は返却しませんので、必要なものはあらかじめ複製しておいてください。
・提出のルールを遵守くださいますよう、お願いいたします。
・本設計競技において取得した個人情報は、主催者・後援者が共有しますが、本設計競技の運営以外には使用いたしません。また、第三者に譲渡や転売はいたしません。

コンペ情報
主催 セントラル硝子株式会社
協賛・後援等 【後援】株式会社新建築社
お問合せ
詳細HP http://www.cgco.co.jp/kyougi/#up