Barrierless City Award & Competition 2016

締め切り日:2017年1月16日

課題概要

講演イメージ

テーマ:旅行者に優しいデザイン

2020年 日本は世界から注目を浴びることは間違いありません。スポーツ選手はもちろん、多くの外国人旅行者が大きな期待を持って日本を訪れるでしょう。この時、世界は日本の街をどう評価するでしょうか?
「旅行者に優しいデザイン」建築やデザインに関わる私たちに、今、世界から投げかけられた命題です。Barrierless City Award & Competition 2016では、テーマに沿った2つの部門を設け、世界につながる「バリアレスシティ」を目指していきます。
「実作部門」: 外国人旅行者や、車椅子利用者など、様々な旅行者に配慮された「デザイン」や「取組」 を募集します。
「提案部門」: 東京のまちや観光地などを想定した、バリアレスシティにつながる「アイデア」を募集します。

応募資格・条件

【実作部門】
・当該施設(店舗)の設計者、インテリアデザイナーまたは建築主、運営者等

【提案部門】
・不問

締め切り

【提案書締切】~2017/1/16(月)
【発表予定】2017/1/25(水)
【表彰式・シンポジュウム】2017/3/18(土)

審査員

三井所 清典氏(日本建築士会連合会 会長/芝浦工業大学名誉教授/建築家/アルセッド建築研究所)
宮崎 桂氏(日本サインデザイン協会 副会長/KMD/前橋工科大学客員教授)
斎田 悟司氏(車いすテニス選手/アテネ パラリンピック 男子ダブルス金メダル/リオジャネイロ パラリンピック 男子ダブルス銅メダル/シグマクシス所属)
Dick Olango氏(建築家/AOAD)
劒持 良美氏(インテリアデザイナー/SOL style) 
本間 正広氏(車いすテニス選手/一級建築士)
本多 健氏(建築家/本多健建築設計室)

賞金など

【実作部門】
優秀賞(10点ほど)

【提案部門】
最優秀賞(1点):賞金10万円
優秀賞(10点ほど)

その他

コンペ情報
主催 バリアレスシティアワード実行委員会
協賛・後援等 【後援】東京都/国土交通省/公益社団法人日本建築士会連合会/一般社団法人東京建築士会/NPO法人 希望の車いす
【協力】株式会社イトーキ/スマートハート
お問合せ 【お問い合わせフォーム】 http://www.hoop2015.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/
詳細HP http://www.hoop2015.com/